「わぁー似てるぅ」。色紙を受け取った女性の弾む声。仮設住宅に笑顔が広がった。佐賀市の井上信宏さん(60)はこの秋、単身オートバイで東日本大震災の被災地を回り、被災者のために似顔絵を描いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加