愛称を募集している佐賀銀行―市役所―図書館を結ぶ通り=武雄市武雄町

 行政と民間一体で新幹線を生かしたまちづくりを研究、協議している武雄市の「新幹線活用プロジェクト」は、佐賀銀行武雄支店と武雄市図書館を結ぶ通りの愛称を募集している。

 2022年度の長崎ルート暫定開業を控え、JR武雄温泉駅の乗降客や温泉街からの観光客が通ることが多い佐賀銀行-市役所-図書館の通りに親しみを持ってもらおうと企画した。今後、武雄郵便局-武雄神社、駅南口-白岩運動公園の愛称募集も考える。

 応募用紙は応募箱もある市役所や図書館、駅の観光案内所にあり、市のホームページからダウンロードもできる。愛称や愛称の理由などを記入して、メールやファクスで応募する。25日必着。

 1次審査で数点を選考して、応募箱のある場所や市物産まつり会場で行う一般投票の結果で愛称を決める。採用者には1万円相当、2次選考に残った人には3千円相当の武雄の特産品を贈る。問い合わせは市ハブ都市推進室、電話0954(23)9237。

このエントリーをはてなブックマークに追加