山口祥義知事がおすすめする絵本が紹介されたコーナー=佐賀市の県立図書館

山口祥義知事が薦める「きんぎょがにげた」

山口祥義知事が薦める「きつねのおきゃくさま」

山口祥義知事が薦める「二番目の悪者」

 佐賀市の佐賀県立図書館に、山口祥義知事がおすすめする絵本のコーナーが設けられている。年代別に3冊の本を推薦しており、山口知事は「山口家で子育てをしていく中でとてもよかった本、今だから読んでほしい本をおすすめしています」と直筆のメッセージを残している。

 0歳から読むことができる本として「きんぎょがにげた」を紹介。大学生になった知事の長男が初めて出会った本で「目、耳、口、そして全身を使って反応してくれた、山口家で忘れられない一冊」としている。

 小学校低学年くらいの子どもたち向けに「きつねのおきゃくさま」を推薦。知事は「優しさ、勇気、正義。いろんな要素がつまったお話。読み聞かせに合う」一冊として薦める。

 小学校高学年以上には「二番目の悪者」をおすすめしている。知事は「僕は聞いた話を友達に伝えただけ。でも、自分の目で何か一つでも確かめたっけ?」とメッセージを投げかけ、「これからの社会を生きるみなさんに読んでほしい。大人にも読んでほしい一冊」と呼び掛けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加