佐賀県唐津市で昨年11月、交際相手の女性を自宅の屋根から突き落として大けがをさせたとして、傷害の疑いで唐津署に逮捕され、家裁送致された同市内の少年(19)に対し、佐賀家裁(秋本昌彦裁判官)は18日、「非行事実なし」と判断し、刑事裁判の無罪に当たる不処分の決定をした。

 同家裁は「少年審判は非公開」として不処分の理由などを明らかにしていない。

 唐津署などによると、昨年11月4日午後0時すぎ、少年の自宅2階の自室で、交際中の10代女性が屋根(高さ約3メートル)から落ちて腰の骨を折るなど3カ月の重傷を負った。翌5日、少年を傷害容疑で同署が逮捕したが、少年は「背中を押して突き倒すなどしていません」と一貫して否認していた。女性が屋根から転落するのを1階にいた少年の母親が目撃。女性の父親が同署に被害届を出し、女性は「突き落とされた」と供述していた。

 少年は同25日に家裁送致され、観護措置で身柄が勾留されていたが、審判開始後の今年1月8日に家裁は措置を取り消し、釈放されていた。不処分に対して、検察側は2週間以内に福岡高裁へ抗告できる。少年の付添人の1人、吉田俊介弁護士は「審判は未確定だが、無罪相当の決定であり、少年の名誉回復を図る必要がある」と述べた。

唐津署の森田初彦副署長は「捜査は適正だったと考えている。処分内容の詳細を把握しておらず、コメントは差し控える」とした。佐賀地検の嶋村勲次席検事は「決定内容を精査し、適切な対応を検討する」とのコメントを出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加