長野市の古里小学校で支援に当たった「空飛ぶ医師団」の(左から)朝日美穂医師と松岡綾華医師=アジアパシフィックアライアンス・ジャパン提供

 台風19号で被災した長野県で13~15日に医療支援に携わった「空飛ぶ医師団」の医師2人が15日夕、佐賀県庁を訪れ、浸水の影響で電気や水道などのライフラインが失われた医療施設から高齢の患者を転院させる業務に携わったことなどを山口祥義知事に説明した。

 報告したのは佐賀大学医学部附属病院高度救命救急センターの朝日美穂氏(32)と松岡綾華氏(31)。NPO「アジアパシフィックアライアンス(A―PAD)・ジャパン」(佐賀市)の職員と、NPOの飛行機で佐賀空港から富山空港に移動し、ヘリと陸路で長野市に入った。

 千曲川の氾濫で浸水し、停電や断水が発生した二つの医療施設の患者移送に携わり、避難所で診察や薬の処方を行った。カルテなどの情報がないまま、患者に名前と生年月日だけを書いたテープを貼って移送するような状況で、道路の冠水による渋滞で移送にも時間がかかったという。

 朝日氏は「別の応援グループが到着する前にたどり着き、素早い支援ができた」と話した。初めて被災地での支援に携わった松岡氏は「汚水による異臭や、寒さ対策など予想していなかった点もあった」と述べ、教訓を次の支援に生かす考えを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加