トヨタ紡織九州-豊田合成 後半、相手シュートを防ぐトヨタ紡織九州の岩下祐太(12)=宮城県の大和町総合体育館

 第44回日本ハンドボールリーグ第9週最終日は14日、宮城県の大和町総合体育館などであり、トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は豊田合成(愛知県)と27-27で引き分けた。通算成績は5勝4分け4敗(勝ち点14)で、順位は変わらず暫定5位。

 トヨタ紡織九州は前半の立ち上がりに3連続失点を喫したが、荒川蔵人、梅本貴朗の両サイドの得点などで追い上げた。中盤以降は一進一退の攻防が続き、11-13で折り返した。

 後半は5分すぎから5連続失点で一時7点のリードを許したものの、速攻で5連続得点を奪うなどして食らい付き、20分までに同点とした。梅本貴朗、三重樹弥の連続得点で26分までに2点のリードを奪ったが、連続失点で追い付かれた。

 第10週第1日は11月2日にあり、トヨタ紡織九州は午後3時から神埼市の神埼中央公園体育館で琉球コラソン(沖縄県)と戦う。

 

 ▽男子

トヨタ紡織九州(5勝4分け4敗)27―27豊田合成(8勝3分け1敗)

湧永製薬(5勝8敗)25―22トヨタ自動車東日本(6勝6敗)

大崎電気(11勝1分け1敗)29―24琉球コラソン(11敗)

大同特殊鋼(10勝1分け1敗)31―28北陸電力(3勝9敗)

トヨタ車体(8勝1分け3敗)42―16ゴールデンウルヴス福岡(12敗)

このエントリーをはてなブックマークに追加