佐賀市東与賀海岸のシチメンソウ群生地に緑色の塩生植物「シオクグ」が侵食していた問題で、佐賀市は18日、シオクグの除去を始めた。手で抜いても根が残るため、ショベルカーを使って根こそぎ取り除く。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加