長野県東御市の地元消防は15日、台風19号による大雨の影響で、12日に市内で千曲川に架かる橋の近くの道路が陥没し、流された車に乗っていたのは1人だったと訂正した。当初は現場の状況から3人乗車としていたが、その後の親族らへの聞き取りで1人と判断した。県内の不明者数は1人となる。

 県は15日午前7時40分ごろに長野市赤沼で死亡している女性が見つかり、台風19号による死亡と判断したと明らかにした。県内の死者は計3人。

このエントリーをはてなブックマークに追加