「電車解体ショー」で解体される西鉄5505号車

 西日本鉄道は20日10~16時、西鉄大牟田線の筑紫車両基地(福岡県筑紫野市)で恒例の「にしてつ電車まつり」を開く。入場無料。

 今年は初めて「電車解体ショー」を実施。5505号車の車両部品を係員がその場で解体し、販売とオークションを行う。当日しか手に入らない部品の購入や、通常見ることができない電車の解体の様子を楽しめる。

 会場内では観光列車「旅人」や「水都」の展示のほか、西鉄電車の模型やオリジナルグッズの販売もある。当日は午前9時45分から30分間隔で、西鉄筑紫駅から会場まで無料送迎バスを運行する。

 問い合わせは西日本鉄道総務広報部広報課、電話092(734)1217。

このエントリーをはてなブックマークに追加