14日、ソウル近郊の法務省庁舎前で報道陣の取材に応じる韓国のチョ・グク法相(左)(聯合=共同)

 14日、ソウルの大統領府で開かれた会議で発言する韓国の文在寅大統領(大統領府提供・共同)

 チョ・グク氏(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領の側近で、学校法人を巡る不正疑惑に絡み親族が検察の捜査を受けていたチョ・グク法相は14日、辞職した。「これ以上、私の家族のことで大統領と政府に負担を掛けてはいけないと判断した」と説明した。文氏が任命を強行した「検察改革の旗手」は1カ月余りで政権を去ることになり、政権の求心力に影響を及ぼす可能性もある。

 文氏は14日、大統領府で会議を開き、チョ法相の任命後、親族への検察捜査で韓国社会の支持、反対両派の対立が深まったとして「非常に申し訳なく思う」と述べた。その後、チョ氏の辞表を受理した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加