第二章 意気軒昂(十二)「佐賀藩のお客様でーす」と小僧が奥に声を掛けると、番頭が出てきて「何用で」と尋ねてきた。大隈が来訪の目的を告げると、番頭は「しばしお待ちを」と言って奥に戻っていった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加