台風19号の被害を受け、佐賀県内からは13日、「空飛ぶ医師団」が被災地の一つ、長野県に向かった。九州電力は関東地方の停電の解消を目指し、高圧発電機車などの派遣を始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加