脳で作られるオキシトシンという神経伝達物質は、人間同士の信頼を深める「幸せホルモン」とされる◆以前、テレビの情報番組でこんな実験をやっていた。母から小学生の娘へ手紙を書き、それを読んだ娘と母親自身の唾液を調べると、いずれもオキシトシンの分泌量が増えていた。一通の手紙にも互いの思いを結ぶ不思議な力がある◆緊急時には電話やメールも、同様の効果があるに違いない。おとといから昨日にかけて、関東にいるわが子やきょうだい、親類を案じて何度も連絡を取った方も多かったろう。8月終わりの豪雨の朝、向こうが心配してくれたのと同じように。被災地の混乱と不安の中にいる人たちに、なつかしいふるさとの声がせめてもの支えになればいい◆県内からでも猛烈な強風を実感した大型の台風19号は、関東から東日本に河川の氾濫や土砂災害など、おびただしい爪痕を残した。どれほどの家屋が濁流にのまれ、どれほどの人が孤立し救助を待っているだろう。停電や断水などライフラインの寸断が広範囲に及んでいないか気にかかる◆8月の豪雨、千葉周辺に激しい被害をもたらした9月の台風15号と、毎月のように「激甚災害」が襲ってくる。もう、人が人を励ますだけでは乗り越えられない気象災害のレベルを迎えたようで背筋が震える。負けてはならない。(桑)

 

下記のボタンを押すと、AIが読み上げる有明抄を聞くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加