女子フリーで演技する横井ゆは菜=エスポー(共同)

 【エスポー(フィンランド)共同】フィギュアスケートのフィンランディア杯最終日は13日、フィンランドのエスポーで行われ、女子は横井ゆは菜(中京大)がショートプログラム(SP)に続いてフリーも3位の合計191・90点で3位に入った。

 SPで首位だった昨季のジュニア・グランプリ(GP)ファイナル女王で今季シニアデビューのアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)がフリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功して1位の157・59点をマークし、世界歴代3位の合計234・84点で優勝した。

このエントリーをはてなブックマークに追加