ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で日本が13日、横浜市の日産スタジアムで行われた1次リーグA組、スコットランドとの最終戦の結果、初めて8強入りする快挙を遂げた。スコットランド戦は前半を21―7とリード、後半はスコットランドの猛攻に耐え28―21で勝利した。1987年の第1回大会から毎回出場し、アジア初の開催国となった今回、9度目の挑戦がついに実った。

 95年大会でニュージーランドに17―145の大敗を喫するなど、世界の壁にはね返されてきた。前回2015年大会は優勝2度の南アフリカを相手に番狂わせを起こしたが、勝ち点差により、3勝して1次リーグで敗退する初のチームとなった。

 ニュージーランド出身のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチが16年に就任しチームを強化。今大会は開幕戦でロシアに勝ち、優勝候補のアイルランドやサモアを退け、実力を世界に証明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加