Jリーグは13日、台風19号の影響で機材、スタッフの準備が困難なため、同日のYBCルヴァン・カップ準決勝第2戦の鹿島―川崎(カシマ)で主審の判定を映像で補助するビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)は取りやめ、追加副審を採用すると発表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加