大型で非常に強い台風19号による影響で、佐賀県内でも12日、交通機関に乱れが出た。佐賀空港発着の羽田便は13日も6便が欠航する。

 佐賀空港事務所によると、12日の佐賀空港発着便は全日空の羽田便と春秋航空日本の成田便がすべて欠航した。13日も羽田便は始発から午後3時5分の佐賀空港着まで計6便の欠航が決まった。成田便は通常運航の予定。

 JR九州では、強風のため筑肥線筑前前原-唐津間で一時運転を見合わせたほか、唐津線の唐津-西唐津や長崎線などで遅れや本数を減らして運転した。13日は始発から通常運行する。

 佐賀地方気象台によると、最大瞬間風速は唐津市で25・1メートル(午前4時46分)、佐賀市佐賀駅前中央で21・9メートル(午後2時34分)を観測した。

このエントリーをはてなブックマークに追加