長崎県の包括外部監査人の豊村哲也税理士は31日、2011年4月以降に県議となった51人のうち36人に、政務活動費を酒の購入に使うなど不適切な支出があったと指摘する報告書をまとめた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加