新たに設置した手水舎と馬場宮司。美肌の神様の使いとの言い伝えがある「なまず様」(左)も見守る=嬉野市嬉野町の豊玉姫神社

 ○…嬉野市嬉野町下宿の豊玉姫神社に、全国的にも珍しいという温泉を引いた手水舎(てみずしゃ)が完成した。約40度の源泉かけ流しの温泉水で、参拝前に手を清め、口をすすぐ。宮司の馬場信禎(のぶよし)さん(54)は「温かい気持ちで参拝してほしい」と話す。

 ○…神社でも嬉野らしさを感じてもらおうと、8月下旬から工事を進めていた。建設費は約300万円で、車いすでも利用できるように手水舎周辺のバリアフリー化も進めた。

 ○…「日本三大美肌の湯」で知られる嬉野温泉。同神社は美肌の御利益があるとされ、最近では美容関係の企業も参拝に訪れるという。温泉水はとろとろとした肌触りが特徴で、「参拝するだけで、手がすべすべになる」と馬場宮司。すぐに願いが成就する神社として知られそう。

このエントリーをはてなブックマークに追加