鳥栖市曽根崎町南部の地籍図

 鳥栖市曽根崎町の南部には、曽根崎氏の居館跡をしのばせる地名と地割りが残っており、現在でも見ることができます。

 曽根崎町は、丘が大木川によって削られた段差(河岸段丘)が見られますが、その段丘の上に「ショウヤンヤシキ」と、さらに1段高い所に「ナカンヤシキ」と地元の人たちが呼んでいる場所があります。

 その周りは、周囲の地割りとは方向の違う細長い地割り(地籍図内の破線囲み)があり、土塁だったことをうかがわせます。ここは東・南・西の3方向を見下ろすことのできる高台だったようです。

 さらに周辺の小字名に、「前」「城ノ下」「辰頭」という地名があり、前2者は字のとおり、後者の「辰」は「館(たち)」であり、曽根崎氏の城館の存在を物語っています。(参考『鳥栖市誌第3巻』)(藤瀬禎博・鳥栖郷土研究会会長)

このエントリーをはてなブックマークに追加