「チャリティーサンタ」佐賀支部立ち上げへの思いを話す佐賀大経済学部3年の皿屋舞帆さん=佐賀市赤松町

 サンタクロースを通し、子どもの支援(しえん)など行うNPO法人「チャリティーサンタ」(東京)が、県内に支部(しぶ)を立ち上げました。支部代表の佐賀大学経済(けいざい)学部(がくぶ)3年皿屋(さらや)舞帆(まほ)さん(21)=佐賀市=ら学生を中心に活動しており、スタッフやボランティアを募集(ぼしゅう)しています。
 主な活動は、サンタクロースに扮(ふん)したボランティアが12月24日の夜、依頼(いらい)を受けた家庭の子どもたちにプレゼントを届(とど)ける「サンタ活動」。寄付(きふ)金で一人親家庭などを支援する「チャリティー活動」もあります。
 佐賀支部の運営(うんえい)スタッフは、大学生3人と社会人1人。週1回ミーティングを開き、活動について話しています。今後はチラシや説明会などで周知を図(はか)り、運営スタッフや当日のボランティアを募(つの)ります。
 皿屋さんは福岡(ふくおか)支部にも所属(しょぞく)し、佐賀支部を6月に立ち上げ、社会人メンバーの佐賀市の西岡(にしおか)知哉(ともや)さん(26)とともに、地域(ちいき)住民との意見交換(こうかん)を行いました。皿屋さんは「たくさんの子どもにプレゼントを届け、大人になっても忘(わす)れられないクリスマスにしたい」と思いを語りました。
 10月末ごろから、ウェブサイトで当日のボランティアやプレゼントを届ける先の家庭を募集します。説明会の開催(かいさい)についてはSNSで発表します。
 問い合わせはチャリティーサンタ佐賀支部、メールsaga@mom.charity‐santa.com(6日付22面)

このエントリーをはてなブックマークに追加