48人出馬予定 6選挙区無投票の公算 統一地方選前半戦の佐賀県議選は3日告示される。13選挙区の定数38に対し、48人が立候補する見通し。このうち、6選挙区(定数13)では無投票の可能性が高くなっている。全議員の3分の1以上にあたる13人の無投票当選は、1947年の公選制以来、最多となる。