ルノーのティエリー・ボロレCEO(ロイター=共同)

 【パリ共同】フランス自動車大手ルノーのティエリー・ボロレ最高経営責任者(CEO)は、自身の交代が11日の取締役会で議論されることを巡り「強硬措置はとても憂慮すべきだ」として強制的に排除される可能性を示唆して批判した。同国紙レゼコー電子版が10日、インタビューを報じた。

 ボロレ氏は、カルロス・ゴーン前会長が昨年11月に日本で逮捕されるまで後継者と目されていた。ボロレ氏は「私が唯一責められる点はゴーン氏の提案でナンバー2に任命されたことだろう」と皮肉っぽく語り、経営面でミスはなかったと訴えた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加