老舗料亭を改装し、古湯温泉ONCRIのプロデュースでオープンするフレンチレストラン「ワタハン」=福岡市中央区白金

 佐賀市富士町の古湯温泉ONCRI(おんくり)がプロデュースするフレンチレストラン「イノベーティブ・フレンチ ワタハン by Furuyu Onsen ONCRI」が10日、福岡市内にオープンする。老舗料亭を改装し、福岡のアンテナショップとして営業する。

 「ワタハン」の前身は1961年創業の「和多伴」で、福岡県知事公舎などがある中央区白金の閑静な住宅街に構える。老舗料亭として福博財界人の社交の場に活用されてきたが、後継者がいないため昨年10月にONCRIが事業譲渡を受けた。

 生まれ変わった「ワタハン」はONCRIの吉武大輔料理長をシェフに迎え、和風の店舗の雰囲気を生かしながら自由な発想のフランス料理を提供する。佐賀産の野菜や、玄界灘の新鮮な魚介、佐賀牛、みつせ鶏など佐賀の食材もふんだんに活用する。

 柚木孝文統括総支配人は「ONCRIの魅力を福岡の人たちに発信し、九州を訪れるインバウンド層も呼び込みたい」と期待を寄せる。客席は66席あり、1階と2階にそれぞれ個室もある。営業時間はランチ(2500円から、税別)が午前11時半から午後3時、ディナー(8千円から、税別)が午後6時から同10時。定休は火曜日。問い合わせは電話092(406)4975。

このエントリーをはてなブックマークに追加