8月末に佐賀県内を襲った記録的大雨で、大町町の鉄工所から大量の油が流出し、周辺の農地や住宅に広がった。油が付着した水稲は無残にも刈り取られ、においが染み付いた家具を処分する人が相次いだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加