昭和自動車(唐津市)の路線バス再編で、神埼市は7日、代替交通手段を協議する脊振町公共交通検討会議(鶴田良治会長)を脊振公民館で開いた。バス停の位置は現行のままとし、便数も同規模で運行する方針を固めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加