8日午後6時40分ごろ、佐賀県西松浦郡有田町立部の国道202号で、道路を横断していた近くの女性(87)が軽乗用車にはねられ、約12時間後に出血性ショックのため搬送先の病院で死亡した。

 伊万里署によると、女性は肋骨(ろっこつ)骨折などのけがを負っていたが搬送当時意識はあり、会話もできていたという。現場に信号や横断歩道はなかった。女性は西から東へ横断していて、軽乗用車は南進中だった。原因を調べる。

このエントリーをはてなブックマークに追加