手をつないで大きな輪をつくり静電気を感じる実験=佐賀市のアバンセ

 佐賀市天神の県立生涯学習センター「アバンセ」は6日、さまざまな学びに触れて視野を広げる機会を提供する「まなびぃフェスタ」を開いた。工作体験やステージイベント、打楽器コンサートなどがあり、多くの来場者が楽しんだ。

 科学を学ぶ教室には約15組の親子が参加した。玄海町次世代エネルギーパーク「あすぴあ」の瓜生芳郎さん(63)が講師を務め、クイズと実験を行った。電気の実験ではベルトとローラーの摩擦で静電気を発生させる装置に蛍光灯を近づけると「ついた!」と子どもたち。「ということは静電気も電気の仲間だね」との解説に「へぇ~」と感心の声が上がった。みんなで手をつないで大きな輪をつくり、静電気を感じる体験では、驚きの声と共に笑いがあふれた。

 参加した江北小2年の金丸航平くんは「輪っかが出た空気砲がおもしろかった」と笑顔で話した。フェスタは公募の実行委員9人が6月から準備した。

このエントリーをはてなブックマークに追加