船戸雄大被告

 東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛ちゃん=当時(5)=を虐待し死なせたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親雄大被告(34)の裁判員裁判が7日、東京地裁で開かれた。検察側は「苛烈な虐待を主導し、悪質性は比類なく重い」として懲役18年を求刑した。弁護側は懲役9年が相当と主張して結審。判決は15日に言い渡される。

 雄大被告は最終意見陳述で「本当に申し訳ありませんでした」と泣きながら謝罪した。

 検察側は「食事制限で飢えの苦しみを与え、被害者をいじめ抜いた。未来を奪われた苦痛と無念を考えるべき」と述べ、病院に連れて行かなかったことを「自己保身だ」とした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加