寄生虫感染症の原因となる赤痢アメーバによる物質合成を阻害して細胞増殖や感染を防ぐ化合物を、佐賀大学医学部の見市(みいち)文香講師(生化学)らの研究グループが発見した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加