児童養護施設などで暮らす子どもの自立を支援するNPOブリッジフォースマイル(佐賀市)は、来年1月の成人式で、施設を巣立った新成人に着せる振り袖などの寄付を呼び掛けている。

 同法人は2018年から、希望する新成人に振り袖を着せる活動をしている。これまで2人がボランティアの協力で振り袖を着て門出を祝った。来年1月分は振り袖や長じゅばん、帯などが足りないという。当日の着付けやヘアメークをするボランティアも募集する。

 事務局の福島めぐみさんさん(47)は「親元で生活できない子どもたちにも、ぜひ振り袖を着てもらいたい。成人の記念に、いろんな人が関わってくれたら」と話す。問い合わせはブリッジフォースマイルの福島さん、電話070(1317)2396。

このエントリーをはてなブックマークに追加