政府は21日までに、集団予防接種の注射器使い回しによるB型肝炎感染被害者の救済を定めた特別措置法について、被害者が給付金を請求できる期間を2022年1月まで5年間延長することを決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加