22日に長崎地裁で開かれた初の和解協議で、開門派として参加した藤津郡太良町大浦のタイラギ漁業平方宣清さん(63)と大鋸幸弘さん(59)は、開門なしの前提にこだわる地裁の態度に不信感を強めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加