第98回全国高校サッカー選手権大会佐賀大会が6日、開幕する。35チームが出場し、12月下旬から首都圏で開かれる全国大会への出場権を懸けて熱い戦いを繰り広げる。準決勝は11月3日午前11時からと午後1時半から鹿島市陸上競技場であり、決勝は16日午後1時から鳥栖市の駅前不動産スタジアムで行われる。
 大会を前に出場チームと選手を紹介する。

 ※選手一覧は3日現在。各チームは初戦までに5人以内の登録変更が認められています。

 


 【Aブロック】
 県総体を制した佐賀北が頭一つ抜ける。堅守と縦に速い攻撃を武器に、5年ぶりの栄冠を狙う。同じく堅守速攻で戦う県総体8強・佐賀工が対抗馬となりそう。
 【Bブロック】
 第4シードの鹿島実・鹿島新は県総体でベスト4進出を果たすなど、実力と勢いがある。県総体8強の佐賀清和と唐津西も力があり、混戦が見込まれる。
 【Cブロック】
 今大会一番の激戦区。新人戦で頂点に立った佐賀学園、昨年大会準優勝で上位常連の佐賀東が頂点をうかがう。守備の意識を高めてきた塩田工・嬉野も実力がある。
 【Dブロック】
 新人戦と県総体でいずれも準優勝だった武雄が三度目の正直を果たせるか。昨年大会覇者の龍谷、県総体で8強入りした佐賀商など強豪がひしめき、激戦必至だ。

 

【佐賀北】 

 県総体の覇者。持ち前の堅守速攻でゴールに迫り、一戦必勝で頂点を見据える。
 主将のMF松岡はチームの要で精神的支柱。FW板橋は変幻自在なドリブラーで、チーム一の決定力を持つ。
 県総体は全試合無失点で頂点に立った。GK井崎は高いセーブ力を誇り、DF一ノ瀬は打点の高いヘディングで空中戦を制する。



【佐賀農】  

 1、2年生で構成するチーム。誰が出ても力を発揮できるように練習を積んできた。「やって楽しい、見て楽しいサッカー」で必勝を期す。
 中盤のMF西村はボールタッチが柔らかく、FW有森はアイデア豊かなプレーが魅力。突破力のあるFW緒方がゴールネットを揺らす。守備は山口、中町の両DFとGK鶴田を中心にゴールを守る。
 


【北陵】  

 粘り強い守備からスピードを生かした攻撃につなげ、8強入りを見据える。
 前線から相手にプレスをかける守備が光る。ボランチのMF谷上は豊富な運動量を武器に相手ボールを奪い、MF石橋は空中戦に強い。
 攻撃は、MF宮田が広い視野を使ってゲームメークし、速さと力強さを兼ね備えたFW土井が得点を目指す。
 


【唐津商】  

 ピッチ上で状況を判断しながらゴールを目指す。挑戦する気持ちを持って一試合ずつ戦う。
 力強い突破が持ち味のFW前田はチーム唯一の3年生。MF見田が細かくボールを動かし、積極的な飛び出しを持ち味とするFW新がゴールを狙う。守備の中心となるDF福本は対人に強く、GK永渕が好セーブでもり立てる。



【致遠館】  

 堅い守備からの素早いカウンターを得意とする。工夫を凝らして練習を重ねてきた成果を発揮したい。
 攻撃の起点は高いキープ力を誇るMF松尾泰。MF中谷はスピードとテクニックでサイドを突破し、FW下尾が裏へ抜け出してゴールを狙う。
 空中戦に強いDF古賀琉、視野が広くカバー力の高いDF川副を中心に守り抜く。


【唐津工】  

 1~3年生がバランス良くメンバー入りし、各選手の特長がうまくかみ合う。当たり負けしない体の強さも武器だ。
 技術があるMF宮崎一、切れ味鋭いドリブルを見せるFW髙田で前線までボールを運ぶ。高い決定力を誇るMF小山がゴールを狙う。守備は奈良、山嵜の両DFとGK岡本を中心に無失点を目指す。
 


【唐津西】  

 県総体は8強入り。堅い守りから全員攻撃につなげ、総体以上の好成績に挑む。
 GK久恒は俊敏性に優れ、対人に強いDF井上、冷静な対応が光るDF髙田が最終ラインをまとめる。DF青山の献身的な守備も心強い。キープ力があるMF中山蓮は攻撃に不可欠な存在で、足元の技術が高い中島、沼沢の両FWが貪欲にゴールを狙う。



【敬徳】 

 粘り強い守備から鋭いカウンターを展開する。一戦一戦を大切に戦い、一つでも上位を目指す。
 DF高倉が守備陣を統率する。1対1の守備に粘り強さがあるDF本岡らと最終ラインを組む。攻撃ではFW上田龍が体の強さを生かしたポストプレーからゴールを狙う。MF岩永はスピードを生かしたドリブル突破が光る。
 


【小城】 

 スペースを巧みに突き、攻守で連動する。全員がハードワークし、8強以上を狙う。
 攻撃を組み立てるのはFW中島。ゴール前での決定力にも優れる。FW小池はドリブルで切り込んで決定機をつくる。DF池上が守備陣を統率。MF永井は最終ラインと連係して相手の攻撃の芽を摘む。守備範囲が広いGK佐藤がゴールマウスを守る。
 


【鳥栖】 

 細かいパス回しからゴールに迫る。チームワークを発揮し、一戦必勝で上位を狙う。
 左足から正確なキックを蹴るMF徳永が攻撃にアクセントをつける。MF小澤が得意のドリブルでサイドを上がり、得点感覚に優れるFW鶴丸につなぐ。DF長は空中戦が得意。MF中野は右サイドで上下動を繰り返し、機を見た攻撃参加も光る。


【厳木】

 3年ぶりに単独チームとして出場する。カウンター攻撃を武器に今季公式戦初勝利を目指す。
 GK小八重を中心に主将のDF井手、対人に強いDF楢崎らで堅い守りを見せる。ボランチのMF林田が試合を組み立て、ドリブル突破が持ち味のMF青山や長身を生かしたヘディングが武器のFW池田らで相手ゴールに迫る。


【太良】  

 3年ぶりに単独チームとして参加する喜びを胸に、「楽しむサッカー」で勝利を目指す。
 GK貝原はキャッチングに優れ、走力があるDF久米やDF真名子が最終ラインを引き締める。MF中島歩がキープ力を生かして攻撃を組み立てる。MF岡陽とFW中島空はスピードを生かしたドリブル突破でゴールを目指す。
 


【佐賀工】  

 堅い守りから素早いカウンター攻撃を仕掛ける。全力で戦い抜き、一つでも上位を見据える。
 攻撃の軸はFW松尾。抜群のスピードで相手守備を切り裂き、シュート力も高い。身長184センチの長身DF藤森が守備の中心で、高さを生かしたヘディングに強さがある。カバーリング力も高く、最終ラインからチームを支える。
 


【佐賀清和】  

 新人大会、県総体ともに8強入り。全員守備、全員攻撃をモットーに上位進出を目指す。
 DF江島は熱い気持ちと賢さを兼ね備える守備の要としてチームを鼓舞する。
 ドリブル、パスともにセンスが光るFW柴田が攻撃をけん引する。ゴールへの嗅覚に優れるFW原口の得点量産に期待がかかる。
 


【鹿島実・鹿島新】 

 県高校総体では4強入り。堅い守備を基盤に、アイデア豊かな柔軟性の高い攻撃で相手ゴールに迫る。
 攻守の中心となるのはMF中島豪。高さがあり、視野も広い。MF福田は左足から正確なボールを前線に送る。
 ゲームキャプテンのGK松本は精度の高いキックで好機を演出する。DF岡は攻守で献身的にハードワークする。
 


【早稲田佐賀】  

 パスサッカーを主体に、4強以上を目標に掲げる。
 攻撃はFW今野の正確なクロスを武器に組み立てる。MF大串はボールコントロールに優れ、FW竹山は裏への抜け出しが鋭い。
 DF落合は粘り強い守備が信条。DF尾崎裕は空中戦と対人戦に強く、MF五木田は鋭い読みで相手からボールを奪う。


【有田工】

 積極的に前線からプレスをかける。いい形でボールを奪って攻撃につなげる。全員サッカーで8強入りを目指す。
 FW岩永は当たり負けしない体の強さがあり、前線でボールを収める。MF岩崎は豊富な運動量と多彩なドリブルで相手ゴールを脅かす。精神力が強いDF山口賢、的確な判断が光るDF森太、副主将のDF佐野らを中心に守る。

このエントリーをはてなブックマークに追加