江戸時代に長崎街道の宿場町として栄えた塩田宿の近くに建つ塩田工業高校・嬉野高校塩田校舎=嬉野市塩田町(高度約150メートルからドローンで空撮)

面影残すかつての宿場町

1969(昭和44)年の卒業アルバムに掲載された旧校舎の写真(写真奥が南東)

 嬉野市塩田町の塩田工業高校は、1964(昭和39)年に開校。2018(平成30)年から嬉野高校と統合し、同校塩田校舎工業科キャンパスとして新たに歩み始め、来年、現3年生は最後の塩田工業生として卒業する。ソフトテニス部の強豪校として知られ、機械研究部もエコカー大会で九州大会に進み、ロボット競技では全国大会に出場している。
 校舎の東側には旧長崎街道が延びる。道沿いに並ぶ古い建物群が、かつて宿場町として栄えた塩田宿の面影を残し、ウオーキングやサイクリングをしながら写真撮影を楽しむ人々の姿も見られる。

 
 

◆島本克己校長

 本校は昭和39年に開校して以来、多くの技術者を育成し社会へと送り出してきました。来年度からは、嬉野高校との再編統合により「嬉野高校塩田校舎工業科キャンパス」として新たな一歩を踏み出します。これまで培ってきた先輩たちの熱い思いを引き継ぎ、ここ塩田の地から未来へ向かう新しい風を吹かせていきたいと思います。

 

 

◆生徒会長 宮本修斗さん

 本校は元気がよく明るい生徒が多く、文武両道の生徒も多いです。ものづくりに力を入れている学校で、ものスゴフェスタなどで上位に入賞する生徒や、地域の小学校でものづくり体験教室を行っている生徒もいます。就職・進学率が13年連続100%であることも誇りです。

 

----------

 佐賀県内の高校を周辺景色とともに空撮し、連載します。通い慣れた校舎、通学路の町並みをいつもと違った角度からご覧ください。

 
紙面ビューアはこちら
複数写真はこちら

電子版会員向けサービスです。初めての方はご登録ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加