■水運業で繁栄、水害も 鳥栖市の南部に位置する高田町と水屋町一帯は、かつては筑後川と宝満川、さらに大木(だいぎ)川が合流する河川の結節点であった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加