中尾頭取(右)に義援金850万円を預託する三井住友海上火災保険の村田佐賀支店長(右から2人目)とあいおいニッセイ同和損害保険の原佐賀支店長=佐賀市の佐賀新聞社

 保険・金融グループ「MS&ADインシュアランスグループ」は9月30日、佐賀豪雨への義援金として850万円を佐賀善意銀行に預託した。グループの三井住友海上火災保険の村田宏志佐賀支店長とあいおいニッセイ同和損害保険の原誠行佐賀支店長らが佐賀新聞社を訪れた。

 グループ会社の社員から集まった義援金に、会社が上乗せして拠出した浄財を合わせて贈った。村田支店長は「義援金には、グループ15社の約4200人が賛同した。有効に使っていただきたい」と話した。

 中尾頭取は「お気遣いいただき、ありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加