発達障害のある生徒や不登校経験者を全県枠で受け入れている太良高の地域教育連絡協議会が、太良町の同校同窓会館であった。町関係者や県教委、地域住民ら約20人が、生徒が校外に出向く体験学習のさらなる充実などを話し合った。 同校は2011年度から、多様な生徒を受け入れるモデル校として改編。