投打にそつのなさが光った。序盤の先制攻撃とエースの好投がかみ合った佐賀学園が唐津商を零封し、秋3年連続の優勝を飾った。木村佳正監督は「選手たちが指示どおりに動いてくれた」とたたえた。

 「5回までに5点を取ろう」-。指揮官が掲げた積極的な姿勢が鮮やかな先制攻撃につながった。二回、無死一塁から5番川副寿来の初球にエンドランを仕掛けると、打球は二塁に入った相手遊撃手の逆をつき、一走が一気に生還。その後も3連打と1番片山貴斗のスクイズで4点を奪った。試合の流れを完全に引き寄せ、木村監督は「全てがうまくいった」と振り返った。

 エース浜野翔太は準々決勝・伊万里戦から22回連続無失点を継続するなど、試合を重ねるごとに攻守のバランスが向上している。3安打2打点の活躍を見せた川副は昨秋の九州大会でも浜野とバッテリーを組んだ。「(昨年は)悔しい思いをした。2人で引っ張って、先生を甲子園に連れて行く」と4強入りを見据えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加