佐賀学園が序盤に主導権を握り、唐津商に完封勝ちした。

 佐賀学園は二回、無死一塁から5番川副の左中間二塁打で先制し、その後も3連打で計4点を奪った。三、五回にも1点ずつを加え、先発浜野は無四球の安定した投球を見せた。

 唐津商は5人の投手を起用し、六回以降得点を与えなかったものの、打線のつながりを欠いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加