台風の影響で損壊した太陽光パネル=杵島郡白石町新拓の有明貯水池

 22日夜に佐賀県に最接近した台風17号の影響で、佐賀県杵島郡白石町にある農業用水のため池「有明貯水池」の太陽光パネルが損壊していたことが分かった。被害は全体の3分の1程度に及び、設置業者が撤去作業に追われている。

 町によると、パネルは太陽光発電事業で町と協定を結んだウエストエネルギーソリューション(広島市)が管理している。町有の貯水池の一角(3万1120平方メートル)を町が貸し、水上に約9500枚のパネルを浮かべていた。2016年3月から発電を開始し、年間約2400メガワットを発電、九州電力に売電していた。

 災害時は、プラスチック製の架台の上にパネルを設置していたが、強風に耐えられず、パネルが反り返ったり、風で流されたりした。台風が最接近した22日は白石町で最大瞬間風速30・3メートルが吹いていた。

 貯水池の魚や鳥に被害は出ていないという。同社は「原因を調査した上で、しっかり対応していきたい」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加