トヨタ紡織九州-大同特殊鋼 後半、トヨタ紡織九州の梅本貴朗(左)がシュートを決め、20-22とする=愛知県の東海市民体育館

 第44回日本ハンドボールリーグ第8週第2日は28日、愛知県の東海市民体育館などであり、トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は大同特殊鋼(愛知県)に23-24で競り負けた。通算成績は5勝2分け4敗(勝ち点12)で、順位は5位。

 トヨタ紡織九州は前半、4連続失点などで苦しい立ち上がりになったが、三重樹弥、梅本貴朗の両サイドから4連続得点を奪うなどして巻き返し、9-10で折り返した。

 後半も序盤に3連続失点を許し、13分までに一時6点差をつけられた。中盤以降は岩下祐太の好セーブから酒井翔一朗のポストプレーやサイド攻撃につなげて残り2分で1点差まで迫ったが、逃げ切られた。

 トヨタ紡織九州は第9週第1日の10月12日午前11時半から、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館で大崎電気(埼玉県)と対戦する。

【成績】

大同特殊鋼(9勝1分け1敗)24(10―9、14―14)23トヨタ紡織九州(5勝2分け4敗)

トヨタ自動車東日本(6勝5敗)29(16―11、13―17)28琉球コラソン(10敗)

豊田合成(8勝2分け1敗)29(14―12、15―15)27湧永製薬(3勝8敗)

このエントリーをはてなブックマークに追加