症状が出る前に 早期発見・早期治療が肝心定期的に健康診断と検診を 日本人の死因の上位を占めるがん、心疾患、脳血管疾患。三大疾病と呼ばれ、厚生労働省の平成28年人口動態統計によると、この年に三大疾病が原因で亡くなった人は死亡者数全体の52%を占めています。