玄海原発3号機(東松浦郡玄海町)のプルサーマルの安全性をめぐり、九州電力にプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料の使用差し止めを求めた訴訟で、原告側の市民は3日、九電の主張を全面的に認め請求を棄却した佐賀地裁判決を不服として控訴した。