■政策見極めて、自覚ある1票を 佐賀県選挙管理委員会の大川正二郎委員長は県議選が告示された3日、談話を発表した。 県内外に多くの課題を抱える中、今後の県政を方向づける極めて重要な意義を持つ選挙だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加