■「温故知新」心に刻み 整然と職人が机に向かって並ぶ作業場。張り詰めた空気の中で、前川和久さん(56)は筆先に神経を集中させ、黙々と絵筆を進めていく。「源右衛門窯の本来の伝統は、筆の勢いとリズム。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加