大町町の名物麺「たろめん」を提供している店でつくる「大町たろめん運営協議会」(鈴山謙介代表)が25日夜、豪雨被災者の避難所になっている町総合福祉センター美郷で「たろめん」を振る舞った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加