佐賀新聞社の中尾清一郎社長(右)から表彰状を受ける金婚さん夫妻=佐賀市のアバンセ

佐賀新聞社の坂田勝次常務取締役(右)から表彰状を受ける夫婦=佐賀市のアバンセ

中尾清一郎社長から表彰を受ける金婚さん夫妻=佐賀市のアバンセ

佐賀新聞社の坂田勝次常務取締役(右)から表彰状を受ける夫婦=佐賀市のアバンセ

中尾清一郎社長から表彰を受ける金婚さん夫妻=佐賀市のアバンセ

 第25回佐賀新聞金婚さん表彰式が26日、佐賀市のアバンセで開かれた。午前と午後の部を合わせて佐賀市の143組の夫婦が表彰を受け、苦楽を共にしてきた半世紀を振り返り、これからの歩みに思いを新たにした。

 午前の部は、旧佐賀市の計86組の夫婦が表彰を受けた。佐賀新聞社の中尾清一郎社長は、50年前の世相を振り返り、戦争に負けた日本が国民総生産で世界第2位になったことに触れ「昭和、平成、令和と時代の節目を迎えられ、令和という記念すべき年に金婚式を迎えられたことをお喜び申し上げます」とあいさつ。佐賀市の伊東博已副市長も祝辞を述べた。

 参加者を代表して同市本庄町の角田研三さん(79)、圭子さん(77)夫妻は、「今までの思い出を大切にしながら、健康に気を付けて明るく過ごしていきたい」と謝辞を述べた。

 午後は旧佐賀郡と旧三瀬村の57組を表彰した。佐賀市の秀島敏行市長は長寿について話し、「夫婦一緒に100歳を目指し、仲むつまじく元気でいらっしゃることをお祈りする」とお祝いの言葉を述べた。

 表彰を受けた同市東与賀町の山田美好さん(75)、カズ子さん(75)夫妻は「けんかして言い合うこともあったが、金婚式を迎えて幸せ」と笑顔を見せた。

 

 5日付本紙特集面掲載後、事務局に申し出があった金婚のご夫婦を紹介します。(敬称略、順不同)

【佐賀市】宮崎信弘・清子

【神埼市】吉岡徳次郎・邦子、實松武博・純子

【嬉野市】馬場?明・フミエ、江口誠一・アサコ

【鹿島市】久原勝美・恵子

【伊万里市】原公男・純子、山口益弘・昭子

【唐津市】杉野輝男・鈴子

【みやき町】松永繁則・榮子

このエントリーをはてなブックマークに追加