【きょうの催し】

 第25回佐賀新聞金婚さん表彰(佐賀市天神のアバンセ)

 

【巡回車】(27日)

 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)、多久市・西多久公民館▽8時半=武雄杵島地区医師会検診センター(予約制)、武雄市・北方保健センター▽8時45分=唐津市保健センター(予約制)

 ◆子宮がん検診 8時半=武雄市・北方保健センター▽10時=多久市・西多久公民館▽13時=唐津市保健センター(予約制)

 ◆乳がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)、多久市・西多久公民館(予約制)▽8時半=武雄市・北方保健センター(予約制)▽13時=唐津市保健センター(予約制)

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

 

【アバンセ情報】

 ◆開館25周年で記念イベント

 アバンセは本年度開館25周年を迎えるのを記念し、10月19、20の両日、「記念講演会」や「アバンセ感謝祭」などを実施する。

 【記念講演会】

 (19日13時20分~15時20分、アバンセホール)落語家の林家木久蔵(2代目)が、「笑顔でつなぐ 木久蔵流・地域コミュニケーション」と題し講演する。

 参加費は無料だが、入場整理券(アバンセ総合案内で配布中)が必要。アバンセ、電話0952(26)0011。

 【放送大学佐賀学習センター講演会】

 (20日13時半~15時半、アバンセホール)谷口義明放送大学教授が「宇宙はなぜブラックホールを造ったのか」の演題で講演する。参加費無料だが、事前申し込みが必要。放送大学佐賀学習センター、電話0952(22)3308。

 【アバンセ感謝祭】

 19、20日、アバンセ1階展示コーナーなどで開催。絵手紙サークルや折紙探偵団九州友の会などによる作品展示がある。詳細はアバンセのホームページで確認を。

 

【イベント】

 ◆唐津お魚まつり

 (29日9~14時、唐津市海岸通の唐津港沿岸物市場)アジすり身鍋の振る舞い(限定200人)、魚の詰め放題(500円)、直売会、バーベキューコーナー、ステージイベントも。唐津玄海地区水産物消費拡大推進協議会主催。電話0955(72)9130。

 

【展覧会】

 ◆中国画掛軸展

 (10月22日まで、鹿島市の祐徳博物館)祐徳稲荷神社が所蔵する掛け軸13点。大人300円、高・大生200円、小・中生100円。9時~16時半。

 ◆宴のうつわ大皿と組み皿の美

 (11月10日まで、伊万里市新天町の伊万里・鍋島ギャラリー)古伊万里のうち、大皿や組み皿35件80点。一般300円(中学生以下、65歳以上は無料)。10~17時。月曜休館(祝日の場合、翌日休館)。同ギャラリー、電話0955(22)2267。

 ◆特別企画[有田×野老]展

 (11月24日まで、有田町の九州陶磁文化館)「つなげる」をテーマに紋様の制作を続ける美術家・野老朝雄(ところあさお)氏を鼓舞した有田焼と、野老氏が魅了される「青」の色彩を主題に、新たな有田焼の可能性を模索する。大人600円、大学生300円、高校生以下無料。同館、電話0955(43)3681。

 ◆開館15周年記念特別展 東京をつくった佐賀人たち

 (10月11~12月8日、佐賀市の佐賀城本丸歴史館)明治初年の誕生から近代都市として成長していった東京のなりたちへの佐賀人の貢献を、さまざまな関連資料。9時半~18時。10月12日13時半からは藤森照信先生の記念講演会、11月9日13時半からは学芸員の芳野貴典さんによる歴史館ゼミナールが行われる。観覧無料。同館、電話0952(41)7550。

 ◆鹿島美術人協会 50周年記念展

 (10月13~20日、鹿島市の鹿島生涯学習センターエイブル)発足50年を迎えた鹿島美術人協会の物故会員、現会員の展覧会。これまで歩んできた協会の歴史の一端を見ることができる。懐かしい作家の作品も多数展示し、本年度の肥前浜宿スケッチ大会受賞作品も。入場無料。10~17時。20日は16時まで。15日休館。また、ショッピングセンターピオ4階市民ギャラリーでも行われる。電話0954(63)3030。

このエントリーをはてなブックマークに追加