28日に「J-PLACE鳥栖」が開設される佐賀競馬場。JRA競走の発売も行う=鳥栖市江島町の同競馬場

 佐賀競馬場(鳥栖市江島町)のスタンド内に28日、中央競馬のメーンレースを毎週購入できる施設「J-PLACE鳥栖」がオープンする。JRA(日本中央競馬会)と地方競馬の連携の一環で、佐賀県競馬組合が中央競馬の勝ち馬投票券(馬券)発売事務を受託する。年間を通じて多くの来場者を呼び込み、佐賀競馬本場の活性化を図る。

 「J-PLACE」は地方競馬が共同で構築したシステムを使用してJRAの馬券の発売、払い戻しをする施設で、これまでの「WINS(ウインズ)佐賀」に代わるものとなる。

 JRAが直接運営するWINS佐賀では、主にG1競走とその前日のメーン競走を扱ってきた。J-PLACEでは、G1競走以外の実施日も含む毎週土、日曜日のJRAメーン競走を発売する。発売日数が約40日増えることで、年間利用者も2018年比約10万人増の約34万人を見込む。ただし、J-PLACEとJRAの競馬場やWINSなどとの相互払い戻し、返還はできない。

 オープンを記念し、28日にはお笑い芸人の鳥居みゆきと藤井ペイジ(飛石連休)のスペシャルイベント、29日は仮面ライダーゼロワンショーを実施するほか、抽選会やお菓子プレゼントなども予定している。問い合わせはさがけいば、電話0942(83)4538。

このエントリーをはてなブックマークに追加